車捨てる

車を捨てよう!

最近車乗っていないんだよなという方は車を捨てた方がいいです!

 

車なんて必要ない人が多いです。

 

実は登録者の半分以上はほとんど乗られていない車なんだそうです。

 

その全ての車に税金が毎年掛かっている訳で無駄の極みですよね。

 

車を捨てるには金が掛かるので売った方が良い

まあこれは常識的な話ですが、車を捨てると言ってますが本当に捨てるとなると解体費や書類の費用などの諸経費が多く掛かります。

 

手間が酷いですね。

 

そういったことで売れるなら売った方がお金になるし、得ですね。

 

全く乗っていないし10年落ちだよなということで売れるのか不安な方も多いでしょう。

 

しかし大体の車は鉄くずとしての価値もありますし、内装にはいろいろな使える部品というかカーナビ等が付いていますから再利用が可能です。

 

車そのものも古くても再利用が可能ですから捨てるのは勿体無いし、売れるでしょう。間違いありません。

 

もしも買い替えということで代車が不安な方は以下のサイトが参考になるでしょう。

 

車買取 代車はこちらで

 

車は高値で売れるんだろうか?

素朴な疑問ですが車って高値で売れるのか?

 

これは微妙なところもありますね。

 

売れる車種と売れない車種があります。やっぱり査定してみないと分からないものです。

 

トヨタ車が高値で売れるとかありますが、人気車がどうかで分かれると言えますね。

 

トヨタ・ノアは高くうれますよ、人気車ですから。しかしマツダプレマシーは高く売れないと思います。あんまり人気がないので(;´∀`)

 

そういう感じですね。

 

逆にミニバンではなくSUVで考えると、トヨタRAV4は余り人気がないので高く売れません。
しかしマツダCX−3は人気が高いので高く売れます。

 

これはそもそもの価格帯が違いますが、元々の価格から下落率が低いのが人気車です。

 

しかし人気車か否かはその時々に変わってきますよね。

 

そういう意味ではどの車種も状態によっては高値が付く可能性がありますし、分からないのが正解ですね。

 

余り深く考えても意味がありませんので査定に出してみるのが一番でしょう。

 

歩くのは健康に良いのか?

よく車を捨てて歩いた方が健康によいということは言われます。

 

しかし急に長い距離を歩いたりするのも体に悪いと言われることはありますね。

 

やはり車と一緒で体もアイドリングしないとマズイでしょう。

 

いきなり意を決して走りだすとか、これは最悪と言われています。

 

心臓に負担が掛かりますし、いきなりはやめるべきですね。散歩程度にとどめておきましょう。

 

ただコンビニに車で行くのはどうかと思います。やっぱり歩いた方がいいんじゃないですか?

 

年間20万円は最低掛かっている?

これは車種によります。

 

ただ自動車税で3〜4万円は取られますし、ガソリン代は年間で10万円前後という人が多いような気がします。

 

更に重量税も1〜2万円で保険料も3万〜10万円という感じです。

 

そして車体本体を買ったお金も乗る年度で割れば結構な費用です。

 

こうなると年間で20万円で収まりきらない人の方が多そうです。

 

地方では車を維持するためだけに働いている人もいて、何でこんなに金がないんだと嘆いている人もいるくらいです。

 

車は相当な高級品、贅沢品であるということを理解していない人は意外に多いです。

 

実際にどれくらいお金が掛かっているのかを試算してみると大きな費用であることに気付きます。

 

お金が貯まらない理由の筆頭は車です。

 

車を捨てさえすればあなたは毎月自由になれるかも?

 

まあ他にもローンとか費用が掛かりますから何ともいえませんが、毎月・毎年必ずお金が掛かるというのが味噌ですね。

 

そういうお金の取られ方をしている項目を削っていくとお金に余裕が出てきます。

 

そしてそのお金を有効に使うという形が一番望ましいでしょう。

 

結局節約するだけではお金は増えませんからね(;´∀`)

 

節約志向が高すぎるというのも問題ですし、なさすぎて投資だああと言って使いまくる人も問題です。

 

そして無駄なことに消費し続けている人は論外です。節約家以上に最悪な人が浪費家でしょう。

 

貯金はできるならした方がいいです。必要な時に大事なお金を使えるかどうかというのも大事な発想でしょう。